スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒飲めフレンチ bisとろタカギ

赤坂、といっても福岡の赤坂にあるビストロ、酒飲めフレンチ bisとろタカギさんのご紹介です。

なんでも、カウンター席のみの隠れた名店で、熟成肉のステーキが味わえるとのこと。

これは、期待値が高まりますね~

にくーーー!ヽ(o・ω・o)ノ ランラン♪

お店の入り口がなかなかわからず、少し迷ってしまいました。

うん、確かに隠れている (*´∀`)

で、中に入ってみてビックリ!

ひろーーー。

確かにカウンター席のみですが、キッチンを囲んだ巨大なコの字型カウンターで、二、三十人は入れますね。

予約している旨を伝えると席を教えてくれます。

座ります。

うん、すべてのお客さんを見渡せますね (*´∀`)

ということは、こちらもすべてのお客さんから、見られていると。。

危険です。不倫している芸人が訪れようものなら、一発アウトです!
((((;´・ω・`)))ガクガクブルブル

お店の面白い構造については、これくらいにして、料理の話など。

わりとイケるグラスの白をのみながら、ホールスタッフの方とお話しします。

熟成肉のステーキは必ず頼むとして、独りなら、他に何皿頼めばいいの?に対して、一つで十分かもしれないので、足りなかったら、追加で注文されては、とのお答え。

なるほど、良心的ですね。

では、他の方のレビューを読んで、気になったパテとステーキに決定。



ナントカのパテ。

ナントカには、悪魔とか、地獄とか、そういった言葉が入っていたと思います。

一口食べて、肉食獣を満足させてくれる豪快な食べ物だな~というポジティブな印象を持ちました。

ですが、食べ続けますと、パテとしては、やや単調といいますか、黒胡椒とオリーブオイルの香りの方が肉の旨味よりも強いのかなという気がしました。



熟成肉のステーキ。

スティックナントカとかいうオシャレな名前がついていたと思います。



断面です。ブルーでお願いしました。

食べ応えはあります。

お値段を考えると良心的なポーションだと思います。

でも、肝心の肉の旨味が今一つ感じとれないというのが、感想です。

ステーキでも、とんかつでも、技巧を凝らすと、元々の肉質以上の旨味が出てくるというのはよくあることですが、残念ながら、こちらのお肉からは、熟成による旨味の濃縮、変性というポジティブな要素を見出すことはできませんでした。

筋が多いのも少しだけ気になりました。

悪い点を先に書いてしまえば、付け合わせについても、もう少し考慮した方がよいと思います。

大衆的なビストロなんだから、そこまでこだわらなくても十分だという反論もあるかと思いますが、フレンチフライというのは、いかがなものかなあという気がしました。

結局、他の皿は頼まずに、食後酒をいただいて帰りました。

お料理には、女性シェフの方の信念が感じられ、非常に素晴らしいなと思った反面、クオリティとしては、甘めに評価してもお値段相当であり、標準的なお店の一つであるというのが、個人的な感想です。

独特なお店の構造で、独特の世界観を作り出し、それが常連さんに支持されている素晴らしいお店であることは、全くその通りであると思います。

いつもとは異なる雰囲気のお店で肉をガツガツ食べたいという連れ(できれば女性)と、巨大カウンターで周囲の視線を気にすることなく、ワインを飲みながら肉を喰らう衝動に駆られたら、きっと、また訪問させていただくと思います。

ありがとうございました!



関連ランキング:ビストロ | 赤坂駅薬院大通駅西鉄福岡駅(天神)

スポンサーサイト

トリップアドバイザーアプリのアップデート

お知らせです (´・ω・|≡っ|)ガラッ

iPhone用のトリップアドバイザーアプリが6.1にバージョンアップされました。

旧バージョンをお使いの方はアップデートしましょう。

僕は海外では食べログの代わりにトリップアドバイザーを使っています。

この国では、このアプリ、このサイトがいいよ、という情報があれば、ぜひ、教えてくださいね!

パッシオーネ

仲町台の「イタリアン レストラン」パッシオーネさんのご紹介です。

「イタリアン レストラン」にカギカッコをつけた理由は後で説明しますね。

仲町台の駅近で便利です。今回は、何の下調べもせず、予約もなしで、お伺いしました。

内装は赤を基調にしたモダンな雰囲気です。僕は視覚的にちょっとだけ苦手ですが、たぶんセンスのよい赤好きの方にとっては、オシャレな感じなのでしょう。

メニューを見ます。

ここで、気づいたのですが、アンティパスト、ピッツァ、パスタのみのラインナップです。

ふーん、ピッツェリアで、セコンドなしなんだ。正確には、アクアパッツァの一品だけはメニューにあります。

さらに、パスタについても一つを除いて、すべてスパゲティになっています。

ここ最近、ピッツェリアは高いか、マズイかで、当たりがなかったもので、ピザ恐怖症に罹っているんですよね。
彡(-ω-;)彡ヒューヒュー

ちょっとお店のコンセプトに反するかもしれませんが、前菜に生ハムの盛り合わせを、プリモにスパゲティを二皿、締めにチーズの盛り合わせという僕らしからぬオーダーにしました。



生ハムの盛り合わせ。

ピッツェリアなので、直前に期待値を下げていたせいか、とても美味しかったです。やるじゃない(*´∀`)



生ハムとアスパラのクリームソースのスパゲティ。

いつも通り、お皿の名前はうろ覚えです。(;・∀・)

料理名を記憶しようという意思がそもそもありません!

で、期待値を下げていたこともありますが、ソースは美味しいなと思いました。



ナントカ牛を赤ワインで煮込んだソースのスパゲティ。

名前はテキトーです。

これも、ソースはよかった。このての煮込みはよく見かけますが、基本を抑えつつ、適度にインパクトもあって、たいへんよろしいのではないかと思いました。



チーズ。

この中から好きに選んでくださいと。



チーズの盛り合わせ。

で、こうなりました。

お値段以上のお味で、満足しました。

さてさて、このお店を評価するのは、ちょっと難しいですね。

先に気に入らなかった点から書きましょう。

セコンドがアクアパッツァしかないですし、パスタがほぼすべてスパゲティですので、僕の定義からすると、イタリアンのリストランテ、トラットリアではなく、ピッツェリアですね。

でも、内装はわりと落ち着いた感じにしているので、少しチグハグに思えました。まっ、ここは好みですが。

セコンドなし、生パスタなしでは、イタリアン好きの方にとっては、魅力があまりないでしょう。

で、グラスワインは白、赤ともに二種類ずつ置いていますが、お値段が控えめであることを考慮しても、美味しいとは思えませんでした。

この点は、ボトルで頼めばいいだろ、と言われてしまえば、その通りですね。

でも、独りで来るお客さんにとっては、残念な点です。

それでは、総合的にネガティブかというと、そんなことはありません。

生ハムの質はお値段以上の価値があると思いましたし、なんといっても、スパゲティのソースはレベルが高く、かつ、良心的な価格に設定されています。

スタッフの対応は若干タカビーで鼻に付くシーンもありましたが、良い意味でのプロフェッショナリズムを感じ取れ、嫌な気はしませんでした。

今回は標準点とし、ぜひ、再訪させていただきたいと思います。

おそらく、こちらのお店のウリであろうピッツァを食べずに評価するのはアンフェアな気がしますので。

ちなみに、スパゲティ専門店であれば、現時点でも、高評価をつけたと思います。

次回の訪問が楽しみです。

ごちそうさまでした!



関連ランキング:イタリアン | 仲町台駅

ル・モンサンミシェル

目白のフレンチ、ガレットのお店、ル・モンサンミシェルさんのご紹介です。

歓迎会、といっても二人だけですが、相手がフランスに住んでいたこともある食通♂ということで、お店選びに気合いが入ります。マズイと言われたらどうしよう ((((;´・ω・`)))ガクガクブルブル

目白って、初めてかなってくらい、何にも知らないのですが、食べログのコメントが、本当っぽかったので、狙いを定めていってまいりましたよ (*´∀`)

さて、お店は駅近ですので、方向さえ間違えなければ、すぐに見つけられます。

実は、今回、こちらのお店の二階にあり、同じ方が経営しているワインバーのLe Terroirさんを予約していたのですが、がっつりお食事をするなら、一階の方がよいですよと勧められ、こちらのお店に陣取りました。

もしかしたら、上のお店は雰囲気がよいので、♂二人はお断りかもしれません。冗談ですよ!(*´∀`)「ハハハ。。。」

テーブルにつくと、若い男のコが来てくれます。

連れに、飲みと食いのスタイルを聞くと、僕とだいたい同じだったので、安心しました。

男のコにお願いします。

白はグラスで、赤はボトルを入れたい。ポーションが大きいなら、前菜一つとメイン二つで。

で、その日、売り切れのメニューがあったり、食後にも少し粘るか考えたり、お財布と相談したりしながら、食事とお酒が決まりました。

で、申し訳ないのですが、白と、前菜は写真もとってないし、記憶も残っていないんですよね。

美味しくなかったわけではなくて、ちょっと、時間が経ってしまって、忘れてしまいましたよ 彡(-ω-;)彡ヒューヒュー

グラスの白は、悪くないのですが、お味と比較すると高めかなというのが、連れと僕の評価でした。

前菜は、魚介、多分ホタテのマリネ系サラダだったと思うのですが、本当に忘れてしまいました。ただ、美味しかったのは、覚えています。次の皿の期待値が高まったことは覚えていますので。



赤。

ワインを飲める方と一緒だとボトルで頼めるのがうれしいです。一つ上のクラスは段違いに美味しいですよと男のコに勧められたので、もう少し奮発しようかなとも思ったのですが、初めてのお店で、どんな料理が出てくるかもわかりませんので、控えめにさせていただきました。

僕が好きな味でした。勧められた通りに一つ上にしてもよかったかなとほんの少し後悔。でも、これも美味しかったです。



肉その一。牛とフォアグラのナントカ。

火加減を聞かれた時に、ベリーレアで、とお願いしたら、男のコから、確認が入ります。

ベリーレアって、ブルーのことですよね。こちらのお店で働き始めてから、日本人のお客様が頼まれたのは初めてなのですが、外国のお客様がいうブルーで、本当によろしいのでしょうか?

一応、連れにも確認。ケモノの顔でイエスとのことだったので、はい、そうですよとお願いしました。

本当に美味しかったら、ローでもイイけどね (・∀・)スースキスースキスー

で、美味しかったです。肉の旨味がきちんと感じとれます。そして、お肉の味を邪魔しないソース。肉汁とソースが混ざったものは、全部バケットで拭きとらせていただきました。

フォアグラは、どうしても素材勝負になってしまいますが、こちらのお店のものは、なかなかのお味でした。



肉その二。仔羊のナントカ。

これもよかったな~。

ラムチョップにしては、火加減を控えめにしていただいたようです。

ラムの強い香りと、ソースのハーブの強い香りが、よくマッチしています。

ただ、美味しいんですけれども、野獣二頭にとっては、ポーションが小さいですかね。

というわけで、男のコを呼んで、追加注文です。

肉が足りないが、どうしたらイイ?との質問に勧めていただいたのがこちら。



肉その三。

肉のガレット。

おー、なんとケモノゴコロをくすぐるお皿でしょうか。

いろんなお店へのコメントで書いていますが、レアハンバーグは難しい料理です。

たいへん素晴らしかったです。

野獣二頭で、細切れの生肉の塊を貪らせていただきました (*`▽´)_旦~~

ここで、ケモノたちの食欲は満たされ、ヒトに戻りました。



お店自慢のカルバドスたち。

僕は、イタリアンが多いので、食後はグラッパのことが多いです。でも、最近、他の食後酒も頼むようになって、イロイロなお酒の美味しさに目覚めてきました。



こちらにしました。

美味しいですね。カルバドスといっても、いろいろな味があることを知ることができます。

まとめますと、お店の雰囲気良し。サーブしてくれた若い男のコの知識とホスピタリティよし。肉料理の肉の旨味よし。ポーションはケモノ的には少なめのものもありました。ワインは今回のグラスの白は普通。ボトルの赤はお値段よりも美味しかったです。食後酒の種類と味よし。

総合的にとてもよいお店だと思いました。

ぜひ、再訪させてください。

FC2 Blog Ranking

食べログ







関連ランキング:カフェ | 目白駅雑司が谷駅(東京メトロ)鬼子母神前駅

食べログ】iPhone食べログアプリ

お知らせです (´・ω・|≡っ|)ガラッ

iPhone用の食べログアプリが4.1.8にバージョンアップされました。

検索画面の不具合が修正されたようです!

FC2 Blog Ranking

食べログ



銀座 大雅

銀座の河豚、ほろほろ鳥料理のお店、大雅さんのご紹介です。

入り口を見つけるのに少し時間がかかりましたが、駅近です。

高級店で、地下にお店を構えているところはたくさんありますが、地下に2フロアって、面白いですね。

河豚の方がよいかなとも思ったのですが、大切な方の地元の郷土料理ということで、ほろほろ鳥のコースをお願いしました。

生ビールを飲みながら、待つことしばし。



突き出し。

なかなかよかったです。特に特徴はありませんが、無難に仕上げており、普通に美味しい。

海老は頭から尾まで全部いただきました。



ほろほろ鳥の砂肝さし。

砂肝だったと思ったのですが、記憶が怪しいです。

きれいですね。そして、美味しかったです。



ほろほろ鳥の唐揚げ。

手羽先的な部分が美味しかったです。でも、期待しすぎてしまったためか、うーん、これが、ほろほろ鳥かーという感じでした。



てっさ、てっぴ。

てっぴは美味しかったです。

たまたまかもしれませんが、てっさは正直なところ、期待はずれでした。



ヒレ酒。

こちらのお店のヒレ酒は、かなりのハイレベルでした。

この日、一番満足した料理です。料理じゃないけど (*´∀`)

継ぎ酒も、二回してしまいました。



ほろほろ鳥の鍋。

うん、これは、美味です。

鳥の脂が鍋に溶け込み素晴らしい。

雑炊も残さずいただきました。



ナントカのアイスクリーム。

うん、ナントカが何だったか、完全に忘れてるね。記憶障害? (;・∀・)

まとめると、美味しいな~というお皿もいくつかあったのですが、普通の味のお皿が中心で、この価格ですと、ちょっとCP的には厳しいですかね。。

銀座、広い店内、個室、大勢の仲居さん、河豚、ときたら高くて当然だろと考える方がいらっしゃるのも、十分に理解できるのですが、僕が重視する美味さとCPという視点からは、どうしても、少し厳しい評価になってしまいます。

味にあまりこだわらない方の接待にはよいと思いますけど、自分で再訪することはちょっとなさそうです。。

ごちそうさまでした!

FC2 Blog Ranking

食べログ







関連ランキング:ふぐ | 日比谷駅銀座駅有楽町駅

BONHOMIE

五反田のフレンチ、BONHOMIE ボノミーさんのご紹介です。

知人が海外赴任をすることになり、お祝いと壮行会を兼ねて、利用しました。

内装は、なかなか清潔感があって、オシャレですね。隣のテーブルとの間隔がやや狭いこと以外は素敵な空間だと思います。

アラカルトで頼みます。

知人からのリクエストは、歯の治療中だから、硬いのはダメ!とのこと。。もちろん、完全無視です (`・ω・´)ムー

グラスワインは、スパークリングが二種類?、白と赤はそれぞれ4~5種類あったと思います。

お勧めのシャンパンからスタート。

標準よりも美味しかった気がするが、記憶が、、 (;・∀・)

ナッツの香りがよかった気がしますが、記憶が曖昧です。



ピクルス。

オシャレですね。味も一捻りあり、よかったです。



フォアグラのナントカ。

イイですね。蜂蜜がアクセントです。

そして、治療中の歯にも安心 (*´∀`)



仔羊のローストのナントカソース和え。

これは、すごくよかった。

肉質も火の入れ方もパーフェクトに近いですよ。

この旨さの仔羊をこれだけの量、ガツガツ食べられるのは、本当に幸せですね。

ナントカのソースも全部いただきました。



ナントカのパテ。

これは、お店の方に聞いた後に注文したのに、それでも期待をよい意味で裏切られて面白かった。

パテって、書いてありますが、ハンバーグですよ。とびっきりレアの。

レアハンバーグって、難しいんですよね。

こちらのお店は、なかなかのできでした。



鴨のコンフィ。

知人もすでにワインで痛覚が麻痺した模様。調子に乗って、3つ目のメインを頼みます。

コンフィな~。

鴨、あるいは鶏って、普通に美味しく作るのは簡単だけど、すごく美味しく作るって、難しいですよね。

突き詰めていくと、ケンタッキーのフライドチキンやお蕎麦屋さんの鶏天、レベルが高い焼き鳥を超えた味に仕上げるだけで、かなりのハードルですよ。

今、僕のことをバカだと思ったヒト、いますね!?((((;´・ω・`)))ガクガクブルブル

いいんです。本心ですから。。
(-ω- ) ヒロシデス・・・

イタリアン、フレンチのお店で、メインの温かい鴨、鶏料理で、お値段に合ったお味に出会えることは、ほとんどないのではと思ってます。

ネガティブでごめんなさい (;∀;)

どなたか、これはという鴨料理、鶏料理があれば、教えてください。。

というわけで、こちらのお店も、普通に美味しかったです。

でも、他のお皿の方が、もっと美味しかったかな。



ナントカのチーズ。

羊乳を使ったものだったかな~ (;・∀・)

よかったです。満足ができました。でも、ちょっと量が少ないかな。

食後にグラッパも頼みましたが、記憶に残っていません (;・∀・)

グラスワインは、白、赤、ともに悪くはなかったです。お値段相当でしょうか。

サーブしてくださる男性の方は、プロフェッショナルで好印象を持ちました。

全体的に印象はよいですね。

味を求める方もデコを求める方も、大きなポーションを求める方も、お店の雰囲気を重視される方もスタッフのサービスを重視される方も、多くの方の要望に応えてくれる、オールラウンドで死角が少ない名店だと思います。

きっと、再訪すると思います。

ごちそうさまでした!

FC2 Blog Ranking

食べログ







関連ランキング:ビストロ | 五反田駅大崎広小路駅高輪台駅

食べログ】iPhone食べログアプリ

お知らせです (´・ω・|≡っ|)ガラッ

iPhone用の食べログアプリが4.1.7にバージョンアップされました。

なんか、いろいろかわってますよ!

FC2 Blog Ranking

食べログ



薬剤師のキャリア開発
プロフィール

カフェ夫

Author:カフェ夫
食べること、飲むことが好きです。

食は、時間的、空間的、芸術ですよ。

とか、難しい話は一切なしで、みなさんと一緒に少しずつ成長できたらなあと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
イイね!
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。