スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鮑(アワビ)の刺身

今回は鮑(アワビ)のお刺身のお話です。



初めて、鮑の刺身を食べたのは学生のとき、場所はなぜか佐渡島でした。

当時の僕にとっては、淡白すぎて、まったく味がわからず、こりこりと歯ごたえは楽しいけれど、あまり美味しくはないなあというのが正直な感想でした。

で、その後、食通の方から、鮑は干し鮑が最高の食べ方で、刺身はあまりうまくないよ、という話を聞きました。

その話が記憶に残っていたもので、鮑の刺身を頼む機会がずっとなかったのですが、昨年、たまたま香港の大衆食堂で頼んだのが、写真の鮑の刺身です。

お店の水槽にへばりついている鮑をはがして、刺身にしてくれました。

美味しかったです。。

淡白な中にも旨味あり。

貝類、あるいはイカ、タコの刺身というのは、美味しいものは美味しいなあというのが、今の僕の考え方です。

なかなか出会うことはできませんが、それだけに出会えたときはうれしいですよね。

FC2 Blog Ranking

食べログ

キャッシュパスポート(香港で使えるカードです)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

薬剤師のキャリア開発
プロフィール

カフェ夫

Author:カフェ夫
食べること、飲むことが好きです。

食は、時間的、空間的、芸術ですよ。

とか、難しい話は一切なしで、みなさんと一緒に少しずつ成長できたらなあと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
イイね!
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。