スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成蔵

最近、豚ローラー中のカフェ夫です。

豚ばっかりじゃん!と言われてしまうかもしれませんが、懲りずに、高田馬場の成蔵さんにお邪魔しました。

もしかしたら、僕と近い舌をもっていらっしゃるかもしれないレビュアーさんが一番にランキングしているお店をどうしても試してみたかったもので。

もともとは、串揚げ屋さんのようですが、とんかつが大人気で、近日中に、串揚げ屋さんから、とんかつ専門店に鞍替えするそうです。期待が高まります。

さて、入口をくぐり、地下への階段を降りますと、カウンターが6席、四人掛けのテーブルが3つあり、きれいで落ち着いた雰囲気です。

カウンターに座り、定食についてくるポテトサラダをつまみに、生ビールをチビチビと飲みます。

酔っては味がわからなくなりますので、ガマン、ガマン。

しばしの間、カツが揚がるのを待ちます。



特ロースかつ定食。2300円。

この厚み、この赤みがわかりますか?

4cmくらいあるんじゃないかと。測っていませんけどw

衣は薄めで、お肉の旨味が逃げないように、しっかりと覆っています。

いただきます。

うーん、心から美味しいと思えるとんかつに出会えたのはひさしぶりだなあ。

見た目通りの素敵なお味でした。

柔らかいお肉を噛むと、ロースの旨味が滲み出てきます。

肉汁の旨味がメインで、脂身が少しだけ、アクセントを加えてくれます。

完成されてますね。

ついでにいえば、豚汁もいけますし、漬物も良いものを使っています。

そして、店主もイケメンです。これは余計かw

本当に素晴らしいお店に出会えました。

以上!ということでも、こちらのお店の場合、よろしいような気もしますが、本当に本当に些細なことですが、気になった点を付け加えさせていただきます。

まずは、肉質について。

ロースは三種類、ヒレは二種類のメニューがあるのですが、違いは豚の品種ではなく、肉の部位のみであるようです。

メニューに書いていないので、品種はわからないのですが、2300円というお値段を考えると、もう少し肉質がよい品種を使ってもよい気がしました。

ボリュームが違うので、一律に比べるのはフェアではないのですが、馬酔木の同価格のお肉の方が肉自体の旨味が優れていると思えました。あちらは、ポーションがもっと小さいですけど。

次に、カツの形状について。

写真の通り、カツの厚みが、特ロースのウリです。

素晴らしいです。

素晴らしいのですが、この厚みで、かつ、食べやすいようにと、一切れ一切れは、1cmないくらいの薄めにカットされています。

この形ですと、口に入れるときに、普通は縦に噛むとんかつを横に倒して、口の中に入れることになります。

ということは、必然的に、歯と舌に最初に当たる部分は、衣ではなく、お肉ということになってしまいます。
(正確には同時ですね)

ものすごく個人的な意見ですが、衣を噛み切る感触と、噛み切った後に、時間差でロースの旨味が溢れ出てくる快感が、このカットでは楽しめません。

鮨を反転させて、ネタを直に舌に乗せたときのような、あるいは、讃岐うどんをゆっくりと噛んでいって、ぎゅーっと抵抗が増していき、最後にぷちんと切れたときのような、いろいろな噛み応え、舌触りも、僕は食べ物の楽しみの一つだと思っています。

本当に、本当に個人的な意見ですが、とんかつ特有の衣を噛み切る感覚と、その後、時間差で、豚の旨味を味わう感覚があれば、もっといいなと思いました。

最後に、お塩について。

岩塩がおいてあり、豚の旨味を味わうにはとてもよいと思います。

その日、たまたま、僕の味覚が鈍感だったのかもしれませんが、岩塩の旨味が少しだけ足りないような気がいたしました。(ソース派の方は無関係です。すみません。。)

誤解のないように強調したいのですが、、後ろの方で述べた僕の個人的な意見は、こちらのお店のとんかつのレベルの高さと比べれば、本当に些細なことに過ぎません。

よい店に出会えた、興奮から、まだ醒めていませんw

なお、評価については、4.0でもよいと思いますが、原則的に僕は初訪問では、3.5までしか、つけないことにしていますので、あしからずご了承を。

こちらのお店は、今のままでも相当美味しいですが、今後、大化けする可能性がありますので、注目していきたいと思います。

100%確実に再訪します!

FC2 Blog Ranking

食べログ







関連ランキング:とんかつ | 高田馬場駅西早稲田駅下落合駅


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

薬剤師のキャリア開発
プロフィール

カフェ夫

Author:カフェ夫
食べること、飲むことが好きです。

食は、時間的、空間的、芸術ですよ。

とか、難しい話は一切なしで、みなさんと一緒に少しずつ成長できたらなあと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
イイね!
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。