スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッシオーネ

仲町台の「イタリアン レストラン」パッシオーネさんのご紹介です。

「イタリアン レストラン」にカギカッコをつけた理由は後で説明しますね。

仲町台の駅近で便利です。今回は、何の下調べもせず、予約もなしで、お伺いしました。

内装は赤を基調にしたモダンな雰囲気です。僕は視覚的にちょっとだけ苦手ですが、たぶんセンスのよい赤好きの方にとっては、オシャレな感じなのでしょう。

メニューを見ます。

ここで、気づいたのですが、アンティパスト、ピッツァ、パスタのみのラインナップです。

ふーん、ピッツェリアで、セコンドなしなんだ。正確には、アクアパッツァの一品だけはメニューにあります。

さらに、パスタについても一つを除いて、すべてスパゲティになっています。

ここ最近、ピッツェリアは高いか、マズイかで、当たりがなかったもので、ピザ恐怖症に罹っているんですよね。
彡(-ω-;)彡ヒューヒュー

ちょっとお店のコンセプトに反するかもしれませんが、前菜に生ハムの盛り合わせを、プリモにスパゲティを二皿、締めにチーズの盛り合わせという僕らしからぬオーダーにしました。



生ハムの盛り合わせ。

ピッツェリアなので、直前に期待値を下げていたせいか、とても美味しかったです。やるじゃない(*´∀`)



生ハムとアスパラのクリームソースのスパゲティ。

いつも通り、お皿の名前はうろ覚えです。(;・∀・)

料理名を記憶しようという意思がそもそもありません!

で、期待値を下げていたこともありますが、ソースは美味しいなと思いました。



ナントカ牛を赤ワインで煮込んだソースのスパゲティ。

名前はテキトーです。

これも、ソースはよかった。このての煮込みはよく見かけますが、基本を抑えつつ、適度にインパクトもあって、たいへんよろしいのではないかと思いました。



チーズ。

この中から好きに選んでくださいと。



チーズの盛り合わせ。

で、こうなりました。

お値段以上のお味で、満足しました。

さてさて、このお店を評価するのは、ちょっと難しいですね。

先に気に入らなかった点から書きましょう。

セコンドがアクアパッツァしかないですし、パスタがほぼすべてスパゲティですので、僕の定義からすると、イタリアンのリストランテ、トラットリアではなく、ピッツェリアですね。

でも、内装はわりと落ち着いた感じにしているので、少しチグハグに思えました。まっ、ここは好みですが。

セコンドなし、生パスタなしでは、イタリアン好きの方にとっては、魅力があまりないでしょう。

で、グラスワインは白、赤ともに二種類ずつ置いていますが、お値段が控えめであることを考慮しても、美味しいとは思えませんでした。

この点は、ボトルで頼めばいいだろ、と言われてしまえば、その通りですね。

でも、独りで来るお客さんにとっては、残念な点です。

それでは、総合的にネガティブかというと、そんなことはありません。

生ハムの質はお値段以上の価値があると思いましたし、なんといっても、スパゲティのソースはレベルが高く、かつ、良心的な価格に設定されています。

スタッフの対応は若干タカビーで鼻に付くシーンもありましたが、良い意味でのプロフェッショナリズムを感じ取れ、嫌な気はしませんでした。

今回は標準点とし、ぜひ、再訪させていただきたいと思います。

おそらく、こちらのお店のウリであろうピッツァを食べずに評価するのはアンフェアな気がしますので。

ちなみに、スパゲティ専門店であれば、現時点でも、高評価をつけたと思います。

次回の訪問が楽しみです。

ごちそうさまでした!



関連ランキング:イタリアン | 仲町台駅

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

薬剤師のキャリア開発
プロフィール

カフェ夫

Author:カフェ夫
食べること、飲むことが好きです。

食は、時間的、空間的、芸術ですよ。

とか、難しい話は一切なしで、みなさんと一緒に少しずつ成長できたらなあと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
イイね!
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。