スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“オーナーは味をチェックしているのでしょうか?”@Giorgio Italian Cuisine

Giorgio Italian Cuisine@タンジュンベノア、バリ島、インドネシアでの体験談です。
((((;´・ω・`)))ガクガクブルブル

久しぶりにイタリアンが食べたくなりました。

近くのホテルに宿泊していたので、トリップアドバイザーを見て初訪問。

お店の雰囲気は素敵です。メインダイニングは屋内でエアコンが効いています。といっても、出力不足で食事の途中から室内が暑くなり、扇風機が稼働しました。



前菜のシーフードを食べて気になったのですが、味がしない。正確には、トマトの味だけがする不思議な料理でした。

パスタは、ビーフラビオリとイカスミを練りこんだパスタを注文。



ラビオリのソースはマッシュルームベースで強烈な香りをはなっており、個性豊かで味も申し分なく、本日一番のソースでした。ただ、ラビオリの中にビーフが入っているのかいないのかが、最後まで謎でした。



イカスミの方は逆に練り込みパスタの香りが素晴らしかったです。ソースはイカを使った普通のトマトソースで特にコメントすることはありません。

ピザは、クリスピー生地でイタリアン風にしていますが、味がほとんどしないことに驚きました。



メインにテンダーロインステーキを頼みました。

レアで頼んだのですが、焼きすぎの状態ででてきました。さらに、焼き方がどうでもよいと思えてしまうほどの驚愕の塩梅。これまでの人生で食べた中で、最も塩辛いステーキでした。

料理についてまとめると、パスタは良いところもあったと思います。しかし、前菜、ピザ、メインをいただいてわかったのですが、塩梅、塩加減というものをまったくわからない方が調理をしているのではないかとの懸念を持たざるを得ません。とても貴重な経験をさせていただきました。

サービス面では、スタッフさんの笑顔は素晴らしいです。ただ、忙しいからなのか、テーブル専任制でないからなのか、わかりませんが、お店が混んでくるとテーブルへの気配りはまったくなくなります。

もしかしたら、パスタが美味しいお店かもしれません。また、ステーキ以外のメインはキチンとしているのかもしれません。

ただ、隣のテーブルでもメインを半分以上残して帰られた方がいたのも事実です。

僕の知人には怖くて勧められないお店です。

Giorgio Italian Cuisine
Jl. Pratama no.68x, Tanjungbenoa, Bali 80363, Indonesia
+62361773577
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

薬剤師のキャリア開発
プロフィール

カフェ夫

Author:カフェ夫
食べること、飲むことが好きです。

食は、時間的、空間的、芸術ですよ。

とか、難しい話は一切なしで、みなさんと一緒に少しずつ成長できたらなあと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
イイね!
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。